製作部1班スタッフ紹介VOL3 新班長K君

少し間が空きました。今日は4月より制作部第1班 班長に就任したK君を紹介したいと思います。

年齢は30代前半まさに働き盛り、伸び盛りです。一言で彼を語ると「武芸100般何でもござれ。男は黙って勝負する」少しカッコ良すぎるかもしれませんが。

使いこなすソフト類はAutoCADはもとより、Illustrator/ Vector Works/ Photoshop/Rhinocerosここ数年は3Dプリンタ対応として3dsMax。来るBIM活用に備えてRevitの習熟にも余念ありません。

間違いなく弊社トップレベルのスキルを持っていると断言できます。

この度班長就任を契機にそれらソフトを班内のスタッフに伝授してほしいと思っています。
西日本模型に新たなイノベーションをもたらす事を期待します。

無理やり弱点を探すとすれば、少し技巧に走りすぎる。生真面目すぎる。ところでしょうか。エンジニアとしてはむしろ長所とすべきところかもしれません。然しながら、時には力を抜いて、俯瞰することによって問題解決に至ることも有ります。いきなりパーフェクトピッチングを求めず、先ずアベレージレベルを上げる。当たり前な事を昇華させる。ところから始めてください。

写真は彼の模型設計施工によるマンション エントランス部分です。ステンドグラスが見えるでしょうか。
(2014年 7月 11日 制作部 長友由典)

クラッシィタワー淀屋橋1:50 017クラッシィタワー淀屋橋1:50 023

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ