西日本模型前の棕櫚、頑張れ!

ウェブで「西日本模型」を検索すると、弊社のサイトに混じって「西日本模型前」が出てきます。あれ?ここにはバス停は無かったはず、と、よく見ると「西日本模型前|マップ|ポストマップ」と書いてあります。クリックすると、ポストの写真、取集時刻、取集支店、地図が載ってました。このような記事は現在、全国の167,589ポストについて掲載されており、92.135%をカバーしているそうです。日本郵便株式会社もここまでやるか、と関心しました。

下の写真をご覧ください。このポストのコンクリート基礎と歩道のアスファルト舗装の隙間から棕櫚が芽をだしました。6年半前のことです。アスファルトを押しのけてグイグイ成長しました。

通りかかったお母さんは子供に、「この木のように、逞しくなるのですよ!」と言いました。町内会のご老人は、「あまり大きくなると邪魔だと切られるのではないか?」と心配なのでしょう、定期的に葉っぱの床屋さんをしてくださいます。おかげで、棕櫚の盆栽のようです。シュロ毛が殆んど無くなり、葉鞘部が立派に幹を守っています。記憶違いかも知れませんが、確か日本郵便の方も、ポストの扉を反対側に付け替えられたように思います。大勢の人達の応援に守られて棕櫚はここまで成長できました。

ポストより高くなろうと思うな!自制心!自制心!

070520撮影2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(上)2007/5/20撮影、アスファルトを押しのけて出た芽が見える
(右)2013/11/30撮影、
すそ周り60cm、高さ75cmに成長

ポスト高さ126cm

(2013年12月3日 田村寛人)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ